はじめてのホームベーカリー(ニトリ デュパン AHS10BH)

ゆる~い糖質制限のダイエットを始めて、お米は我慢できているのですがパンはどうしても我慢できず、自分でブランパンを焼くべくホームベーカリーを購入したのです。

購入したのは、ニトリのホームベーカリー(デュパン AHS10BH)

ニトリ ホームベーカリー

お値段なんと5千円を切る 4,753円(税別 税込み5,133円)

amazonほかネットでいろいろ探していたのですが、最安でした。

購入の決めてはもちろんお値段♪

ブランパンは、ローソンで売ってるので食べたことはあり少し高いけれど味はそれほど悪くないのは知っているのですが、ホームベーカリーで焼くとなるとどんな仕上がりになるのかが心配でした。高機能の高額機種を購入しても美味しく焼けなかったら使わなくなりそうなので、お試しということで最安の機種にしてみたのです。

ニトリ ホームベーカリー
メニュー

最安機種といえども12種類のメニユーに対応。早焼き・餅・パスタ・ケーキなど一般的なホームベーカリーの最低限の機能は備わっています。

サイズも軽量コンパクトで扱いやすいですね。

ホームベーカリー ニトリ

ニトリのホームベーカリー(デュパン AHS10BH)

仕様

仕様

ニトリ商品ページより

メニュー

1.食パン 2.菓子パン 3.フランスパン 4.全粒粉パン 5.米粉パン 6.早焼き 7.もち  8.パン生地 9.パスタうどん 10.ジャム 11.ケーキ 12.追い焼き

焼き加減 うすい・ふつう・こい
焼き上がりの大きさ 0.5斤・1斤

使い勝手

コンセントを差すと、【1.食パン 焼き加減.ふつう 大きさ.1斤】の設定になっているので焼きケースに羽を設置して食パン用の材料を投入フタを閉めスタートポタンを押すだけで、3時間55分で1斤の食パンが焼きあがります。食パンを焼くだけなら至って簡単です。

注意する点があるとすると、ドライイーストを水分に触れないよう最後に強力粉の上に投入することと、発酵が室温の影響を受けるので水分を冬場なら温かく夏場なら冷たくするなどの調節が必要なことくらいでしょうか。

メニューの変更は、メニュースイッチを押すことで順番に切り替わっていきます。

焼き上がり食パンの味や風味は、材料によって大きく変わります。スーパーで販売されている水とイーストを加えるだけで食パンが焼けるブレンド粉を使って焼いてみましたが、レシピ通りの水だけでなく水を牛乳に変えて砂糖とバターを加えるだけで見違えるようなふわふわのほんのり甘い食パンに焼きあがりました。

材料の配分などは自分好みの味わいに仕上がるよういろいろアレンジして試すのがいいでしょう。

ということで、ニトリのホームベーカリーで充分に美味しい食パンが至って簡単に焼き上げられました。

便利機能は特になし

イースト自動投入 
無し副材料自動投入 無し
外気温感知発酵調整機能 無し
蓋のロック機能 無し

こねる・発酵・焼くのシンプルな機能に絞った低価格機種と割り切れば納得です。副材料の投入については投入のタイミングをアラームで知らせてくれます。(近くにいないと聴き逃してしまいますが)上記のような便利機能がついている機種はこのホームベーカリーの4倍以上(安いものでも3倍)の価格帯になります。こだわりのパンに挑戦したいなら便利機能はあったほうがいいでしょう。でも、毎日食べる普通の食パンを焼くだけなら特に必要性は感じません。

メーカー

「CCP 【BONABONA】 ホームベーカリー」のOEM製品ですね。

サイズは若干違いますが、筐体のデザインや操作パネルのデザインはほとんど同じです。現在販売されている「BK-B67-WH」は、機能はそれほど変わりないようですが、メニュー数は21とかなり増えています。CCP 【BONABONA】の方がお値段は少し高いようですが、メーカー最新式の製品にこだわるならこちらを選ばれてもいいかもしれません。

感想

はじめてのホームベーカリーとしてこの機種を選んだことには十分満足しています。軽量コンパクトでシンプルなのには好感が持てます。それに何と言っても有名メーカーの一般的なホームベーカリーの3〜4分の1のお値段で手に入るのがいいです。まだふすま粉でのブランパンは材料が届いていないので作れていませんが、普通の食パンの仕上がりからすると全く心配なさそうですね。