ゲームと読書たまにはグルメ

PS5&Switch 読書はもっぱらミステリー

「エンタメ小説」の記事一覧

犯罪者・幻夏・天上の葦 太田愛デビュー三部作は、一気読み必至の傑作ミステリーです。

「犯罪者」「幻夏」「天上の葦」の3冊は、数ヶ月前にhontoで割引セールされていたときに何冊かまとめて大人買いした時、単に高評価だったのでとりあえず買っておいたものでした。当然、太田愛という作家もデビュー三部作とも知らず […]

紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官 川瀬 七緒:著

法医昆虫学捜査官シリーズ第6作目の作品です。赤堀涼子絶好調です。 紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官 あらすじ 東京都内の古民家で、おびただしい血痕と3本の左手の小指が見つかった。住人の遠山という高齢夫婦とその客人のものと […]

山魔の如き嗤うもの 三津田 信三:著

刀城言耶シリーズ第四弾の長編ホラーミステリー。このシリーズは外れがありませんね。 山魔の如き嗤うもの 前作の「首無の如き祟るもの」で起きた事件の山村に向かう途中の列車内で山魔(やまんま)の伝承を聞きつけ急遽行き先を変更し […]

錆びた滑車 若竹七海:著

シリーズ2作目の長編「さよならの手口」を久しぶりに手を付け、葉村晶シリーズの面白さを再確認したところで「静かな炎天」「錆びた滑車」と一気読みと相成りました。「静かな炎天」も面白いのですが、ワタシ的にはやっぱり長編が好きな […]

さよならの手口 若竹七海:著

「悪いうさぎ」の読後から約1年。やっと2作目の長編「さよならの手口」に取り掛かることができました。2020年1月から「世界で最も不運な探偵 ハムラアキラ」のタイトルでドラマ化されていたのですね。気が付かなかったのですがた […]

背中の蜘蛛 誉田哲也:著

またまた当たった「1000円以上50%OFF」クーポンを使ってauブックパスで購入しました。ブックパスクーポンなぜなのかよく当たります。ということで久しぶりの誉田哲也作品の新刊です。 背中の蜘蛛 あらすじ 東京・池袋で男 […]

かがみの孤城 辻村深月:著

辻村深月氏は、直木賞受賞など日本を代表するミステリー作家なので、私としても多くの作品に触れていてもおかしくはないのです。ところが、なぜなのかよくわからないのですが、いまいち相性が良くないのか辻村作品に手が伸びないのです。 […]

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」14巻でシリーズ完結!

シリーズが完結するとわかっていたので、なかなか手がつけられず発売から3ヶ月がたち、4月からアニメの完結編シーズン3が始まることを知りそれまでに読んでおこうと決心し読み終えることができました。 2011年から9年で完結し […]

「首無の如き祟るもの」三津田 信三:著

「厭魅の如き憑くもの」「凶鳥の如き忌むもの」に続く刀城言耶シリーズ第三弾の作品です。三津田作品は、ホラーミステリーとして唯一無二の作風で数冊読んでファンになり、刀城言耶シリーズも割引を使えるときにまとめ買いをしていてまだ […]

「図書館の殺人」青崎有吾:著

裏染天馬シリーズ、「体育館の殺人」「水族館の殺人」に続く長編第3弾。ライトに読める本格推理小説としてそこそこお気に入りのシリーズなのです。 図書館の殺人 あらすじ 九月の朝、風ヶ丘図書館の開架エリアで死体が発見された。被 […]

高校事変Ⅰ〜Ⅳ 松岡圭祐:著

松岡圭祐といえば「催眠」や「千里眼」シリーズが大好きで、ヒロインの岬美由紀の活躍に夢中になっっていたのですが、これがほぼ20年前というのが驚きです。他にも最近だと「探偵の探偵」や「万能鑑定士Qの事件簿」など女性主人公が活 […]

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

「【映画】青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の記事で「青春ブタ野郎シリーズ」と映画の感想をざっくりと書かせてもらいました。よく練られた絶妙な構成の小説であるとおすすめしたので、ここでは小説の概要とストーリーの流れを […]

大人買いした42冊の電子書籍なんとか半分ほど読めたかな・・・

「ニコニコカドカワ祭り2018」で半額以下で買えると電子書籍を27冊購入後、読書意欲が盛り上がり勢いで続編発売済みのシリーズものも追加購入し最終的には42冊になりました。ちょっと買いすぎた・・・ 自分でも何を買ったのかわ […]